イベント  2018-04-11 (水)

ペットの日

ペットの日(Pet Day、米国)は、ペットを飼っている人が、動物たちに愛を伝える日。一緒に暮らすペット動物に感謝と愛を伝えるとともに、安定した家族との暮らしを求める世界の保護犬に関する認識を高めることを目的として2006年に制定された。

この記念日のモットーは“Don’t shop! Adopt!(購入ではなく、里親になる)”。ペット動物と楽しむことはもちろんだが、むしろ生体販売について考えることが求められている日である。

「すべての動物ー爬虫類やネズミなどの”可愛くはない”動物たちも含めたすべての動物ーは、愛と慈しみの対象であると信じています。どんな動物も、とりわけ人間の手によっては、苦しめられるべきではありません。多くの動物たちが、「求められていない」という理由から殺されています。毎月、少額の寄付をすることで、そうした動物たちの命を救うことができるのです」と、創設者であるPaige氏はコメントしている。

National Pet DayのWebで提案されている、この日を祝い楽しむ方法は以下のとおり。

  1. 地域のシェルターや保護施設からペット動物を引き取り里親になる
  2. 地域のシェルターや保護施設でのボランティア活動に参加する
  3. 好きな保護団体に金品の寄付をする
  4. ペットストアの前で穏やかに、ペット販売中止を求める意見を表明する
  5. 人間と動物を招き、パーティを開催する
  6. ペットと写真を撮り、ソーシャルメディアに投稿する
  7. 病気、老齢、金銭的な苦労をしているご近所さんや友人に、ペットフードや飼育用品での支援をする
  8. National Pet Dayのオリジナルグッズを購入する
  9. ペット動物達に新しいおもちゃを購入する
  10. プロのカメラマンにペット(+あなた)の写真を撮影してもらう