イベント  2019-01-14 (月)

タロとジロの日

『南極物語』で知られる、タロとジロの生存が確認されたことに由来する記念日。『南極物語』とは、1959年に南極観測隊と、その犬たちに実際に起こった悲劇と奇跡を映画化したものです。
 
タロとジロは南極観測隊と共に南極に向かったのですが、観測隊の隊員たちは悪天候によって氷海脱出が危うくなったことから、15頭の樺太犬を鎖に繋いだまま南極を後にしてしまいました。残された犬たちの生存は絶望視されたのですが、1年後の1月14日、なんとタロとジロの2頭の生存が確認されたのです!

このタロとジロの出来事から、1月14日は勇気と希望、そして愛することの大切さを忘れないようにと、「愛と希望と勇気の日」とも呼ばれています