ペットロス症候群にならないためには。。 - 福岡ペット火葬・ペットお葬式 | メモリアルダイアリー明日花

明日花ブログ

2018 / 05 / 10  16:50

ペットロス症候群にならないためには。。

皆さんこんばんは

福岡市ペット葬儀・ペット火葬の

ペットセレモニー メモリアルダイアリー明日花です

先日ひどくお悲しみになられていたご家族がいらっしゃって・・・

こういうお話をさせていただきました。。

参考までに・・・

ペットロス症候群にならないため

近年では、大切なペットを失った悲しみや苦しみからペットロス症候群となり、重症化するとうつ病になるケースも増えてきています。そうならないためにも、事前にペットロスの対策を取ることが大切です。

 

ペットロスになりやすい人の特徴

シニア世代

超高齢社会の現代では、子供が成長して家を出ていき、高齢者のみで生活をしているご家庭も多いです。そのため、ペットに対して子供や孫以上に愛情を注いでいる方もいらっしゃいます。その場合、ペットを失った時の喪失感は非常に大きく、精神バランスを崩してしまう可能性が高まります。

人間関係が上手く築けない方

自分の胸に秘めている思いや感情を誰かに相談できない方は、寂しさや孤独から解放して癒しをもたらしてくれるペットに深い愛情を注いでいる場合も多いです。そんな時に心のよりどころであるペットを失ってしまうと、心にぽっかりと穴があいたような心境となりペットロスの症状を引き起こしてしまうのです。
このように、ペットへの依存度が高い人ほどペットロスになる可能性が高いと言えます。また、予期せぬ事故により突然の別れが訪れた時にも、その大きなショックが引き金となるケースも考えられます。

ペットロスを予防する

寿命が短いことを再認識する

ペットの寿命は決して長くはありませんので、一緒に暮らすのでしたら「別れの時」は必ず訪れるものです。幸せなペットライフを過ごしていると、いつまでも一緒にいる錯覚が生まれやすくなりますが、ペットは自分よりも先に天国へ旅立つ存在であると改めて認識し、心の準備をしておく必要があります

ペット仲間を作っておく

ペット愛好家の友人を作っておくこともペットロスを防ぐ方法の一つです。ペット愛好家の友人は、すでにペットとの悲しい別れを経験された方も多いですし、これから経験する方もいらっしゃいます。そんな仲間と共に悲しみを分かち合い、お互い励まし合うことで悲しい気持ちも緩和できます。

ペット火葬・葬儀をしっかりと行う

大切なペットを天国へ見送る儀式としてペット火葬や葬儀を行うことにより、「最期まできちんと面倒を見た」「しっかりと供養できた」という思いから、ペットロスの原因である後悔や自責の念などを軽減できる場合もあります。ペット火葬や葬儀で最期に想いを届けることで、気持ちの区切りをつけやすくなります。

 

福岡市ペット葬儀・ペット火葬
ペットセレモニー メモリアルダイアリー明日花
24時間365日受付 
送迎無料
TEL:0120-240-842
アメブロURL
https://ameblo.jp/memorialdiaryasuka/?frm_id=v.mypage-ameblo--myblog--blog
明日花ロゴ.png

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター